WiMAXデータベース

WiMAXの製品端末を比較する

WiMAXの端末には、用途に合わせてタイプが数種類あります。

現在、一番メジャーなのは、モバイルルーターです。発売されている製品も一番多いです。スマートフォンなどから無線LANでインターネットへ接続可能で、複数の端末を接続できる所が魅力です。

モバイルルーターとは?

モバイルルーターは、持ち運びができるWiMAX端末です。

バッテリーを内蔵しており、無線LAN対応機器を外出先でも使用でき、スマートフォンや、ゲーム機に無線LAN機能が搭載されたこともあり、今一番メジャーなものが、モバイルルーターです。

UQ WiMAXでは、Speed Wi-Fiという名前を使って呼んでいますが、一般には、モバイルルーター、モバイルWi-Fiルーターなども呼ばれています。

モバイルルーターを利用することで、外出先でもiPhone・androidなどのスマートフォンや、PSP・DSなどのゲーム機をインターネットに接続する事ができます。

ホームルーターとは?

室内でモバイルWiMAXを固定ブロードバンド回線のように使用するものです。

有線LANケーブルを接続することができ、LANケーブルでパソコンと接続します。

有線LAN接続での利用も可能ですが、無線LAN機能も備えているので、無線LAN対応機器の利用も可能です。

自宅などに設置して使用するため、電源はACアダプターから給電します。

データカードとは?

データカードは、パソコンにデータカードを接続してモバイルWiMAXを利用します。

データカードには、USBタイプ、PCカードタイプ、Expressカードタイプの3種類があります。

サービスが始まった当初は、データカードタイプがメジャーでしたが、今現在では、新機種は発売されていません。

内蔵パソコンとは?

ノートパソコンに、モバイルWiMAXに接続できる機能を内蔵したものです。

ノートパソコンを起動すれば、特に操作をしなくてもインターネットに接続できます。

ノートパソコンをモバイルルーターを利用して無線LANで接続してインターネットに繋げても良いのですが、モバイルルーターのバッテリ残量など気にしなくてよく、ノートパソコンだけあればよいので、余分にモバイルルーターを持たなくてよいので、スマートで、便利です。

WiMAXスマートフォンとは?

UQ WiMAXと同じKDDIグループであるauで利用できる端末に、WiMAXが利用できるスマートフォンがあります。

Wi-Fiデザリング機能を搭載搭載し、無線LAN対応端末を複数台接続でし、インターネットに接続することができます。

WiMAXを比較する

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3600R シルバー PA-WM3600R(AT)S