WiMAXデータベース

WiMAXのセキュリティ

無線通信のセキュリティ

無線通信は無線の特性上、通信内容が傍受されるセキュリティリスクが存在します。無線の電波を飛ばす仕組み的に、無線電波の傍受を阻止することはできません。通信が盗聴され、個人情報が漏れる危険性があります。

WiMAXのセキュリティ

無線通信では、傍受されることを想定して、データを暗号化し通信します。WiMAXも無線を利用していますが、WiMAXの無線は高度に暗号化されているので大丈夫だと思ってください。

WiMAXでは、AESと呼ばれる暗号化技術が使われています。AESは高度な暗号化技術であり、AESで暗号化されたデータを解析するには、膨大な計算が必要となります。理論的には不可能ではありませんが、AESで暗号化されたWiMAXのデータ内容を傍受することは難しく、個人レベルで他人に通信内容を傍受されることは、まずありません。

注意すること

ただし、AESにて暗号化されているのは、無線で通信を行っているWiMAX端末とWiMAX基地局の間だけです。WiMAX基地局以降のインターネットへの通信は、光ファイバー・ADSLなどを利用した場合と同じです。個人情報を送信するときはSSL(カギマーク)など利用してください。

また、AESで暗号化されているので、ウィルス感染・フィッシング詐欺・マルウェアなど遭わないということもありません。なぜなら、暗号化とは全く別の問題であり関係ないからです。

無線LAN(Wi-Fi)であれば、WAP2など暗号化技術を利用しないで通信可能ですが、WiMAXは、無線通信間のデータを暗号化を使用しない設定に個人が変更できないので、利用時は特に気にしなくても大丈夫です。

WiMAXを比較する

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3600R シルバー PA-WM3600R(AT)S